私の好きな動画は喧嘩系ですね。殴り合いではなくて口です。

私はよくユーチューブを見るのですが、どういうのをよく見るかというと、喧嘩系ですね。特に好きな3つがあるので紹介します。まずは芥川賞受賞の田中真弥さん。彼の受賞会見のあの、態度。最高ですね。ああいうタイプ大好きなんですよ。いや、友達にはなりたくないです。見てる分にはってことです。次はホリエモンです。ホリエモン、喧嘩と検索するとテレビ番組でどこかの評論家だかなんだかのオヤジと口喧嘩をしていて、ホリエモンが子供みたいな態度でそれがなんか大きな会社の経営者だったのに、ギャップがおかしくておかして。あの彼のマジな怒りは本当に笑えます。大人なのに、「バーカ、バーカ」って言ってるんです。最後は橋下徹さん。彼と在特会の桜井さんとのあの有名な喧嘩です。対談形式で桜井さんとの応酬です。これも楽しいですね。橋下さんは誰にでも怖いものしらずで攻撃するから、それがいいですね。この3つの動画は何度見ても飽きないし、なんか最近暗いなーというときに、カンフル剤として見ていますね。アイフル 利用方法

感性が素晴らしく、話題の芸能人さんが演技やるPR

歌手の西島秀俊氏が演技やるアピールの家電がどうしても人気があるらしく、随分売れ行きを伸ばしているという論文を読みました。
こういう家電を扱うアピールは以前から種類もののような感じで放送しているので、それとなく製品そのものは知っていたのですが、実に売れ行きに結び付いているというのは、アピールの影響力って恐ろしいのだなと感じました。
最も最近の洗濯タイミングやクーラーのアピールは西島氏は父役で演技されており、非公開でもウェディングされて乳幼児も誕生したので、それゆえに日増しに調がアップした効果も出ているのではないかと思います。
またアピールでは、家電のアピールで一般的である、機能面を矢面に押し出したような空気とは逆で、五感を感じさせる生活振りのやつにフォーカスして、その中に自然に家電が溶け込んで掛かるというような雰囲気を出しているため、そういったさりげなさが相応しいアピールにも、引き込まれるものがあると感じます。
自社では一層機能面を主張したほうがいいという考えもあったようなのですが、こういうアピールのアピールに関しては真新しい計算として成功していると思いました。 http://krotonaarchives.com/