社宅で気苦労するのとおっきい店賃払い積み重ねるのとどちらが良いのだろう

住居月賦の返済額に月頭が痛いだ。
月賦なのでそれでもひと月10万円以内で済んでいますが、これが賃貸だと12〜13万円以上増えるんですよね。
住まい費だけでみると、社宅にいるご所帯がうらやましいだ。
でも、社宅には社宅の動揺もあります。
それは人づきあい。
社宅のデザインにも因るでしょうけど。一戸建てで周辺におんなじ社の社宅が薄いなんて好素地なら言う所ありません。
でもとにかく大半は、グループ住居で一気に社宅、というところが多いでしょう。
そうなるともはや、ご近隣づきあいで大変ですよね。
リーダーのお宅には気を使うでしょうし、小児の同士のジャンクも笑って済ませられないでしょう。
ぼくは元々社交が苦手なので、そんな素地では全く生きていけそうにありません。
そう考えると、台数万円住まい費が高くても、人間関係で考え込む所薄いやりくりのほうがすばらしいような気がします。
男性の社は一先ず社宅あるようですが、働き手の数に比べて台数が少ないからほぼ入れないと聞いたような気もします。
ま、今更入れなくても既にいいですけど。月賦まみれとはいえ家庭もありますから。医療脱毛 背中