地震断層や地震帯などについて練習しました

地震について研究しました。地震断層は、過去にくり返し地震を起こしていることが多いです。第四紀に活動し、今後も活動すると映る断層を活断層といいます。活断層は、大きな地震がくり返し起こった界隈であり、活断層による土の変動のくい違いが積み重なると、大きな高度格差となって地形に現れます。大ボリュームな活断層は直線状のものが多いので、その実行でできた地形も直線状の境界を指し示すことが多いです。震源ではP流れとS流れが共に発生しますが、P流れのほうが短く通じるので先に到着します。P流れ到来からS流れ到来までのタームをP-Sターム(早急微動獲得ターム)、その間のP流れだけの地震動を早急微動といいます。震源までの移動が遠いほどP-Sタームが長いだ。震源移動に関する部門を大森正規といいます。地震は地球上の特定のゾーンに集中して起こっていることがわかります。震央が林立し帯状に連なって当てはまる地帯を地震帯といいます。地震帯の多くは、プレートの境界に位置していらっしゃる。とっても研究しました。エピレ キャンペーン VIOとワキ